スポンサーサイト

Posted by ざくろ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cギアオフ乱数

Posted by ざくろ on 05.2010 乱数調整 2 comments 0 trackback
ktxadさんが記事書いてたのを参考にさびたコイルさんがツールを作ってくれましたね。

ktxadさんの記事:http://blog.livedoor.jp/ktxad/archives/1483749.html
さびたコイルさんの記事:http://d.hatena.ne.jp/rusted_coil/20101204

やり方はreadmeに書いてあるとおりの値を入れればできるし誰でもできるはず。

・VCountはブラックだと0x60 、ホワイトだと0x5f
・Timer0はブラックだと0xC79、ホワイトだと0xC68
・GxStat|Frameにはブラックホワイト共通で0x6000006を入力

こう書いてあるので書いてあるとおりに入れて

MACアドレスも入力すれば時間設定がでてくるので

それの1秒前に起動するとできます。

これはDSLiteのものなのでDSiとかDSiLLとかは知りません。


これで伝説とかもCギアオンでやらなくて済むので前よりぐっと簡単になりましたね。


卵を作る場合も7~7消費にして
3Vなり4Vなりの固体値をさがすといいと思います。

わからない人が多そうなら記事を書いてみようと思います。


とりあえずこれでトルネロス5Vとった。いえい

2010-12-05 11-09-21.342

まあできるDSとできないDSもあるみたいなので必ず成功するとは言えませんが試しにやってみるのがいいと思います

できないDSはGxStat|FrameとかTimer0とかVCountが違うんだろうけどね

そいつらを調べればどのDSでもできるはず。
スポンサーサイト

【BW】化石を使った乱数孵化【乱数調整】

Posted by ざくろ on 01.2010 乱数調整 5 comments 0 trackback
*追記というかなんというか
化石で固体値を調べなくてもCギアオフで乱数調整ができるようになりました
詳しくは12/5の記事を見てみてください。



出ない出ない言ってたら140回目くらいで2Vシード引いたから化石使った乱数孵化のやり方でも書く

まあもう色んなところで書いてあるけどねw



化石乱数ってのはCギアをオフで起動すると初期seedは起動時の年月時分秒に依存するって事がわかったからそれを応用した乱数調整

性格値の乱数はCギアを付けてるだけで消費されるが、オフの状態のままにすることによって自分の狙った性格、遺伝箇所を出せるというもの。



~とりあえず具体的なやり方~

1.まず化石を3つ用意する(できればねっこの化石3つがよい→リリーラが一番uvの判定がしやすい)

2.自分の好きな年月日時分秒にゲームを起動する(しっかり時間は覚えておく)

3.化石を3つ復元する

4.復元した3体のうち2体目のABCDS3体目のH、のうち2箇所がVである時間を探す(2体目のBDがVの場合は不可)

5.見つけたらその時間をメモする

この時のABCDSHが孵化した時のHABCDSの基礎個体値になる。

後はそのメモした時間で起動してパワー系と変わらずの石を持たせて孵化してうまく遺伝箇所なり性格遺伝なりがうまくなるようにペラップで調整する。


(例
→2010年11月10日0時0分10秒に起動してすぐに

復元した化石の2体目のABCDS、3体目のHの個体値が

31-10-31-10-10-10だったとすると

その時間に起動して卵を受け取ったときの基礎固体値が

31-10-31-10-10-10になる。これだと

HとBはVになるのと親からの遺伝箇所は3箇所だから

特殊の5Vを孵化するにはCDSに親のVが遺伝すればいい。

今回はパワー系を持たせてもなんら問題ないので

基礎個体値でVじゃないところにVになるように持たせる。

どこが遺伝するとか特性とか性別ってのは性格値の乱数を消費することで変わる。これは様々な方法で消費される(NPCが動いたりとか、おしゃべりを録音したペラップのステータス画面を見るなど)

NPCがどれだけ動いたとかで調節するのは大変なのでおしゃべりを録音したペラップのステータス画面を開いて調整する。


卵をあらかじめ作っておいて小屋の中に入ってセーブ

→先程の時間で起動してステータス画面を任意の回数見る

→小屋から出て十字キーの左をいれっぱにしてA連打

→孵化して固体値を確認し、うまくCDSに遺伝して狙った特性なら成功

→失敗したらステータス画面を開く回数を変えて再度挑戦

→成功したなら同じ時刻に起動してその回数だけステ画面を開いて卵を受け取れば好きなように孵化できる。

こんな感じで調整できる。

それとHGSSまでは前親、後親から遺伝、みたいになってたけど今回は♂親、♀親から遺伝、という感じになっている点には注意。

♀×メタモン以外の組み合わせではメタモンは♀扱いになる。



起動時刻とかは秒単位での決定なので

5Vの理想個体がHGSSよりも簡単に孵化することができる。


Cギアオンとオフで比べて1Fと60Fではやばい差ですねw

HGSSと比べても2Fと60Fだからすごい差だ\(^o^)/



それで化石で2V探すことの意味を説明すると

卵を受け取るときに7消費、個体値1箇所生成する毎に通常乱数は1消費

うまく7消費で自然発生で2Vがでる初期seedを見つけることが出来れば、遺伝箇所は3箇所なので遺伝箇所さえ噛み合えば5Vの個体を生成できる。

このときの7消費で自然発生2Vがでる初期seedを機械的に見つけることができる方法で1番楽な方法が化石を使って調べる方法。

化石の個体値が1箇所決まるごとに1消費な訳ですから1匹目の6箇所、2匹目のHの個体値が決まった時点で7消費。つまりそこから6つの個体値生成が通常乱数消費なしで卵を受け取ったときの基礎個体値になる。


あと上でも説明したけどペラップで調整というのは

おしゃべりで適当に録音してペラップのステータス画面を開くことで性格値乱数を1消費できる というもの。

これは毎回音の高さとかを決めるのに乱数が消費されるというものらしい。俺もよくわからないけど

NPCが動くことでも性格値乱数は消費されるけど、小屋の中に入って出ることでNPCの位置が再決定される(元の位置に戻る)ため小屋を出た後にすぐオヤジに話しかけることによりNPCでの性格値乱数の消費は基本的に安定する。

上でも書いたけど

小屋の中でペラップで0消費1消費2消費・・・

といったときの親の遺伝箇所、性格遺伝がうまくなるようなペラップでの消費回数を見つければいい。



結構てきとーに書いたので分かりにくいと思いますが、他にも書いてる人はいっぱいいるのでわかりやすく書いてあるところを見つけるといいと思います。

まあCギアオンの乱数ができた人なら出来ると思う。

できなくてもやり方さえ覚えればこの乱数調整が1番楽ですね。


ハイリンクの乱数調整もやりたいけどやってる時間があんまりなさそう。

化石調査

Posted by ざくろ on 28.2010 乱数調整 0 comments 0 trackback

Cギアオフ乱数するために化石使って自然発生2Vseedを探してるけど

100回以上やってもでない;;

まあ気長にやっていきたいな。



そういえば目的の性格、個体値の遺伝箇所とかも狙って出せるようになりましたね。まだやってないですけど


あとNPCでの性格値乱数の消費があってなかなか安定しない人もいるみたいだけど

小屋に入るとモンメンとかの位置がリセットされるから

ペラップで調整→出てすぐに爺さんに話しかける で安定するみたいですね。




まあそれだけ。そろそろ真面目に勉強しなくちゃいけない

【乱数】アーマーさんのツールの使い方【BW】

Posted by ざくろ on 22.2010 乱数調整 0 comments 0 trackback
・ツールの使い方(乱数計算)

PHS以外のツールの使い方がよくわからないって方も多いみたいですね。

アーマーさんの乱数計算というツールの使い方(BW)について説明していきたいと思います。

まずアーマーさんのブログのskydriveから乱数計算の最新版を頂きましょう。

まず起動してみるとわかると思いますが

BWの乱数調整では主に19と20の機能を使います。


19の機能では自分の欲しい個体値のポケモンが出る初期seedとその時の乱数消費数を調べることができます。



19の機能を使って試しにテラキオン用の初期seedを見つけてみましょう。

テラキオンは特攻はあまり必要ないと思うので

HABDSの個体値がなるべく31に近いやつを狙っていこうと思います。


自分のMACアドレスを入力して欲しい個体を求めますが

試しにMACアドレスの右3つが 12-34-56 だとして初期seedを求めてみます。


1.乱数計算を入力したら19を入れましょう

2.MACアドレスを入力します(ここでは12 34 56)

3.下位2byte範囲を入力します(0xOOPPQQQQのQQQQの部分です)
 *下位2byteとかがよくわからない人はこれの1つ前の記事を読んでみてください。
 
→BWではゲームを起動してからゲームを開始(Cギアの起動)するまで
  最低25秒くらいかかってしまうため、下限を5dcとします。
  25(秒)×60(1秒に経過するF数)=1500 (16進数に直す)→ 5dc

上限は自分で決めてもらって問題はないですが50秒くらいにしてみましょう。
  50(秒)×60(1秒に経過するF数)=3000 (16進数に直す)→ bb8

つまり 5dc bb8 と入力します。


4.時間の範囲を入力します(0xOOPPQQQQのPPの部分です)
 
 →何時でも問題ないので 0 23 と入力します


5.上位1byteの範囲を入力します(0xOOPPQQQQのOOの部分)
 
→最大範囲で問題ないので 0~255 (16進数に直す)→0~ff

つまり 0 ff と入力します。


6.消費数範囲を入力します

 →なるべく少ないほうがいいので 0 5 と入力します。

7.欲しい個体値の範囲を入力しましょう。
 
 →出力する個体を指定しない0、する1→1

テラキオンだったらASは31が欲しいですし、Cはいらないので
  HP:始点 終点→30 31
攻撃:始点 終点→31 31
防御:始点 終点→30 31
特攻:始点 終点→0 31
特防:始点 終点→30 31
素早さ:始点 終点→31 31

  めざめるパワータイプ→16 (指定なし)
めざめるパワー最低威力→30 (指定なし) と入力しましょう。


しばらく待つ(結構長いです)と条件を満たした初期seedが出力されます。

初期seed   消費   H    A B C D S 
0E0D090C 0 31 31 31 25 30 31

消費0でよさそうな初期seedがありました。0x0E0D090C

こんな感じで欲しい個体の出る初期シードを求めることができます。




20の機能は欲しい個体を作ることができる消費数7の初期seedを調べることが出来ます。


6vのタマゴを作りたいときに個体値指定のところで全て31 31で入力すると

5vでどこか1箇所がvじゃない個体のでる消費7の初期シードが出ます。

そのvじゃないところをvにするように親にパワー系を持たせればいいわけですね。

この孵化については前の記事を見てもらえばわかると思います。


わかりにくいかもしれませんがこんな感じです。


自分も面倒だったのでまだやってないですが成功したら
次はCギアを起動しない乱数孵化について書いてみたいと思います。

乱数調整~時間調整とか~

Posted by ざくろ on 09.2010 乱数調整 9 comments 0 trackback
今作ではMACアドレスも関係してくるので

自分で時間設定したりする必要があります。


結構できない人も多いみたいなので

時間設定の基本的な流れについて書いていきたいと思います。



・まず10進数と16進数について(分かる人は飛ばしましょう)

普段は0123456789の10個の数字を使って、数を表していますね。

0から9までの数字を使って数値を表すことを10進数と言います。

同じように16進数というのは0から9に加えて

abcdefの6つのアルファベットを使って数値を表すことを言います。


・seedの見方、初期seedの表現のされ方

seedと呼ばれるものは0xOOPPQQQQという感じに表されています。

この「0x」というのは16進数で表されてますよ ということです。

初期seedと呼ばれるものは時間を変えることで自分で調整することが可能です。


初期seed:0xOOPPQQQQ このときの

OO=月×日+分+秒を16進数にしたもの

PP=時間を16進数にしたもの

QQQQ=経過フレーム数-(年数-2000)を16進数にしたもの


この年、月、日、時、分、秒というのは

ゲーム開始時
(BWではCギア起動時)(DPt、HGSSは続きから始めるを選んだ時)

のものを使います。

例えば2010年10月3日9時30分45秒にゲーム開始(Cギアをつけた場合)

年=2010 月=10 日=3 時=9 分=30 秒=45 となります。


多分最も理解しにくいのが経過フレーム数というものだと思います。

以下 フレーム=F としますね。

ポケモンでは1秒で60F経過するという事がわかっています。

ほぼ全てのゲームは1秒で60F経過するみたいです。


この経過F数というのは

ゲームが起動してから、ゲームを開始するまでに

経過したF数のことを指します。


DSの待機画面でポケモンを選択すると

画面が真っ白になってから画面が変わりますね?

HGSSでは真っ白になった後、画面が真っ黒になります。

この真っ黒になった瞬間がゲームが起動された瞬間です。


つまり時間設定をする際は

ゲームを選択してから起動するまでの時間を考慮する必要があります。


BWではゲーム選択してから起動するまでの時間は45F(0.75秒)程になってます。



~具体的な流れ~

MACアドレスの下3つが12 34 56のDSで

陽気テラキオンを厳選するとします。

ツールで検索すると

初期シード
C10B0979 30-31-30-6-30-31 消費0

こんな初期seedがあったので狙ってみることにしましょう。

まず 0xOOPPQQQQ と 0xC10B0979 を見比べると

OO=C1=月×日+分+秒

PP=0B=時間

QQQQ=0979=経過F数  となりますね。


まずはC1、0B、0979の16進数を10進数に直します。

10進数と16進数の変換はOSがXPなら電卓に付いていますし

下記のサイトでもできます。
http://www.gs.niigata-u.ac.jp/~kimlab/hobby/conv-dechex.html

自分で変換しやすいものを見つけるといいと思います。


とりあえず変換してみると

C1=193 0B=11 0979=2425 となります。

        45F        2425F
 ゲームを選択  →  ゲームが起動 → ゲーム開始


上記のようになるため、

ゲームを選択してからゲームを開始するまでは

45F+2425F=2470F(41.16秒)となることがわかりますね。

ですがそれは2000年の時の場合です。

2010年に設定している人は10引きましょう。

99年にしている人は99です。

2470-10=2460F(41秒)となりますね。

ここはなるべく60の倍数になるように

自分で年数をいじるといいでしょう。


ゲームを選択する時間を15秒とすると

ゲームを開始する時間は56秒になりますね。

月×日+分+秒=193に設定すればいいので

193-56=137 ですので

月×日+分=137となるように調整しましょう。

これは個人の好きでいいですが

10月13日7分にしておきましょう。

10×13+7+56=193 となりますね。

あとは0B=11なので11時ということになり

2010年10月13日11時07分 15秒に起動

その41秒後にゲームを開始(Cギアを起動)することで

初期seedが合うはずです。



41秒測るにはポケモンの館のエメタイマーを使うといいでしょう。

http://pokem.client.jp/emloop.htm

ここのフレームのところにF数を入力して

秒に変換してゲーム選択と同時に「開始」を押しましょう。

そうすると10秒前から音でカウントしてくれるので

それに合わせてCギアを起動するだけです。



初期seedを合わせようとしても少しズレたりするので

めげずに何度も挑戦しましょう。



次はアーマーさんのツールの使い方(BW)について

書きたいと思います。








 
 HOME 

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
LoLやってます。
ID:zakuro0
あとポケモン(ダブル)やってました。

ニコ生のコミュ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。